治療事例:花月クリニック

花月クリニック【北海道新十津川 漢方・糖尿病・椎間板ヘルニア・婦人科疾患・アトピー・低音難聴・ダイエット入院】の治療

head.gif

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

image_1.jpg
   漢方薬の驚異的な効能について、実例を用いて提示しましょう。
   (ご覧になりたい事例のタブをクリックしてください)

頸部椎間板ヘルニア

頸部椎間板ヘルニア

82歳女性 主訴:頸が痛くて動かすことが出来ない

sub_image_1_b.jpg
レントゲン写真上4ヵ所の椎間板が殆どない程に潰れ、強い痛みのため頸を殆ど動かせない状態で「辛さの為、死にたいくらいだ。」と訴えておりました。西洋医学では手術以外では治すことが出来ないと思われます。そこで桂枝茯苓丸(TY-034)に当帰、羌活、紅花などの生薬を煎じ加えて処方しました。

レントゲン写真では、第3頸椎から第7頸椎まで連続的に全ての椎間板が潰れて殆どない状態で、頸をまっすぐに伸ばすことが出来ませんでした。服用して6週後には辛い症状が全く消え、頸をまっすぐ伸ばすことが出来るようになり、患者さんはとても喜んでおられました。図1のようにレントゲン写真では、潰れた椎間板が明らかに再生しております。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

■60歳女性 主訴:両下腿のしびれ レントゲン所見:第3/4腰椎の椎間腔の狭小化

sub_image_2_b.jpg
唐独活、桑寄生などを配合した煎じ薬を用いた結果、図2のように治療後一ヶ月で、しびれは半減し,二ヶ月で5分の1に軽減し、半年でしびれは、完全に消失しました。

sub_image_3_b.jpg
図3のように、7ヶ月で第3/4腰椎の椎間腔の狭小化の改善がみられました。西洋医学では、潰れた椎間板は再生せず、元に戻らないと言われております。結局は手術に頼らねばならなくなります。頸だけではなく腰に関しても、椎間板ヘルニアの手術を受けるように言われた患者さんが当院を訪れ、かなりの改善効果を上げております。

関節リウマチ

関節リウマチ

■78歳女性 主訴:手指に力がはいらない。両手関節痛。握力(右3kg、左4kg)

sub_image_4_b.jpg越婢加朮湯、十全大補湯、煎じ薬(唐独活、桑寄生)を用いたところ、2ヶ月後には、編み物が出来るようになりました。図4のように平成18年4月には、握力が右11.5kg、左8.5kgに改善されました。

sub_image_5_b.jpg
図5のようにレントゲン写真上では、初診時に右第5指のPIP関節の軟骨破壊を示す関節裂隙の狭小化がありましたが、7ヶ月後には、改善されております。